命がいっぱい

たくさんの虫たちや草たち、そして野菜たち・・・自然農の畑、小さな命の集まりがまぁるい輪になって不思議な安定感がある。

この中にいると自分もその輪のなかに加えてもらって、虫や草たちと一緒に生きてる実感が湧く。

虫や草たち、懸命に余念なく、生まれては命を紡ぎ、短い生を全うして土に戻っていく。

私は虫や草たちほども精一杯生きていると云えるかな?
余念だらけ、雑念だらけだなぁ。
人の生は長すぎるのかも。
もっと短いと簡素に無念に生きていけるのかも。
やっぱり、120年は贅沢過ぎるかな(笑)。

140611h