生き様と死に様

たくさんの患者さんを見送ったある、看護師さんのお話。

死ぬときにその人がどう生きたかがわかる。

その方に、バタン、と死にたいときは?と尋ねると、
死ぬまで働くこと、だそうです。

よーし、やっぱり「120歳でPPK」を目指すぞ!
と、気持ちも新たに畑へ。

しかーし!梅雨時から真夏にかけて、畑仕事はかなりハード。
張り切って畑に立ったものの、初日にバテバテ。
「PPK」への道遠し!

花も葉も食べられるハーブ開花、待ってました!

キュウリの風味・・・「ボリジ」

140619a

ワサビの風味・・・「ナスタチウム」

140619b

裏庭の果樹たち

次のシーズンも豊作の予感・・・レモン

140611f

こちらは去年初めて2個収穫できた「スダチ」。
今年はそれを遙かに凌駕する収穫が期待できそう。

140611d

そして「サンタローザ」も「スダチ」に負けじと頑張ってます。

140611e

さらに、さらに、去年植えた「ブルーベリー」。
こちらもミノリ・アンのおやつとして活躍してくれそうです。

140611g

以上、すべて「とらぬ狸の皮算用」・・・でした。