ミノリ・アンの様子

どこがどう違うのか?

宮重大根
雨が多く気温が高かったのでわざと畝全体の草をきれいにはがして種を降ろし
夕方毎日潅水しました

A.こちら日当たりの良い場所に降ろした普通の宮重大根の種
良く発芽しましたが、ほとんど虫の餌食となりました

 

B.こちら同じ畝ですが5メートルほど離れた日当たりの良くない場所に降ろした
無農薬無施肥育ちから採取された宮重大根の種
良く発芽して虫に食べられることもなく元気に育っています

何がどう違うの?
むしろBの方が条件は悪いと思うのですがこの結果
種を降ろした日がBの方が1週間ほど後なので
一概に同じ条件として比べることはできませんが・・・

 

こんな感じで今シーズンもいつもと変わらず色んな種を播きなおし播きなおししてまーす
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる(笑)
そのうちどれかが生き残ってくれることでしょう

発芽ラッシュ始まりました!

あまりにも気温と湿度が高かったのでいつもの年より遅め
9月に入り5日ほど過ぎてから秋の種降ろしを始めました

最初に降ろした種、大根や蕪などの発芽が順調に始まりまずは一安心

「宮重大根」の発芽

 

「博多据わり蕪」の発芽

激しい雨に打たれ、薄い覆土で心配していた蕪も発芽

でもでも問題はこれから

だいたいにおいてこの時期は発芽と同時にボール虫に食べられることも多いのですが
雨の多いこのたびはそれを見越してきれいに草をはがし
いつもは覆土したうえにかける草もかけずにやってみました

それが良かったのかどうかは不明ですが
今のところ発芽したものはだいたい無事に育っています

今年は何度も播きなおさずともすみますように!

間引きができるようになるまで一ヶ月あまり
気の抜けない日々が続きます

 

期待していた南瓜
長く大量の雨の中で腐っているものも多く・・・
それでも美味しい南瓜がこんなに採れました

「日向南瓜(日本南瓜)」
全部で10個ほど収穫できました

期せずして・・・

昨晩、ハナププコーヒーのタカさんに場所を提供する形で
コーヒーセレモニーを開催していただきました

期せずしてと申しましょうか?
奇しくもと申しましょうか?
はたまたなるべくしてとでも申しましょうか?

その晩この場に集まったのは
自然に寄り添い、あるがままの自分で楽しく生きる道を模索中
(または見つけた、またはその入り口に到達した)
という共通点を持った人たちでした

初対面同士の人も不思議と垣根が取れて不思議な空間と時間を共有

時間をかけて丁寧に淹れた美味しいコーヒーと弾む会話

時間はあっという間に過ぎ日付が変わるころまたの機会を楽しみにお別れとなりました

タカさん、ご出席の皆さま
貴重な体験をありがとうございました

 

下は2年ぶりにお客様をおもてなししたミノリシェフの料理(こちらはお子様向け)
この日のお料理はほとんど全て自然農ミチコ・ファームで採れた
野菜でつくるヴィーガン料理でした

あ、そだそだ!
並べていたミノリ・アンの商品
チョコレートやカカオ製品、そして高菜ご飯の素も
皆さまお買い上げいただきまして
本当にありがとうございました
どうぞ美味しくお召し上がりくださいね