丘の上だより

第243信 たまにはこんなこともある

ここ数日体調がイマイチ。ミノリシェフに言わせると「飲み過ぎ」となるんですが、本人的には気圧が低いせいだと思っています。
どうしたミチコ?鬼の攪乱か?

特に今日は台風の影響もあり朝から雨が酷いので、遂に畑に行かずじまいです。
少々体調が優れなくても畑に行って仕事をしていればけっこうまぎれるのですが、それをさぼるとかえって良くないですね。

そこで、畑に行ったつもりになって・・・。

CIMG1426_1

白ナス。
小さくてひ弱だった苗からこんなに大きく育ちました。
実もたくさん付いています。

CIMG1427

カラーピーマン(イエロー)。
こちらもたくさんの実がついて、少しずつ少しずつ色付いてきています。
ホースが見えているでしょ。
雨のなかったこの夏、このホースで毎日水やりをしました。
その甲斐あってこの実り、ですね。

CIMG1428_1

こちらはカラーピーマン(レッド)。
こちらも順調。

少々体調が悪かろうが、疲れていようが、畑でこんな光景を見ると心の底から喜びが湧きあがってきます。
ここ数日の間に降ろした種たちももうすぐたくさん芽吹きます。
これからの残暑の中での農繁期もこんな光景と、たまに吹く涼やかな風の心地良さ、これで乗り切れます。

さあ!この台風が去ったらまたいつもどおり畑での暮らしです。

たまに畑をさぼると、ああ、私って本当に畑が好きなんだ、って再確認できる・・・ってことがわかりました(笑)。

そんなに好きなら畑で死ね!ですって? ハイ、もちろんそうしますよ。畑でPPKが人生の最終目標ですから。

第242信 解放

昨日からの雨のお蔭で遂に畑の灌水から解放されました!ほとんど1ヵ月間毎日夕方の1時間30分を灌水に費やし、それでも十分に灌水することはできず枯れてしまったものもあり、不毛な作業に疲れが貯まってきていました。
ホッとして久方ぶりに二晩続けて良く寝ました。
そのうえ、今晩は暑さからも解放。今また雨が降っていますが、涼しい風が入ってきます。
「涼しい」・・・この言葉使うの何ヶ月ぶりかなぁ。
外は25度くらいです。25度!なんて幸せな気温!屋内は28~29度くらいありますが、爽やかで暑さは感じません。
明日から最高気温は高くても35度止まり。楽勝です。
畑仕事も35度くらいまではどうということもなく、楽しくできていたのです。すっかり慣れて良く汗をかくのに去年までと違って夏バテの兆候もなく、体重もそれほど減らず・・・。
それが1週間ほど前かな、37度の声を聴くようになってからがまずかった。
暑さで思うように仕事が進まないうえ、灌水に時間をとられ、精神的にも肉体的にもいっぱいいっぱいの状態でした。

あぁ!自然の雨の有り難さが身に沁みます。
欲を言えば、欲を言えば、ですが、どうか神様、この雨、せめて2度に分けて降らせていただけないものでしょうか?

CIMG1410

この雨が降り出す前の日、雷が鳴った。
そして、久しぶりに脱走中のマロン(マロンは雷が苦手で雷が鳴ると脱走する)と遭遇。
そのまま一緒に海岸を散歩。

我が家にはいろんなワンコが脱走してくるけど、サンはマロンと一番気が合うようです。

第241信 白昼夢・・・つづきのつづき

CIMG1358
そして、遂に大根などの冬野菜の楽園の準備を開始。ネットの補修も完了。 ここは一昨年の夏ズッキーニを植えていたところで、そのときアナグマよけにネットを張っていたので、それを利用。 今回はウサギメインなので高さが必要と思い、今あるネットの上からさらに高くネットを張った。 これでウサギをシャットアウト! 後は庭で種を蒔いたブロッコリーなどの苗が上手くできればいいのですが、これがイマイチで。

・・・と、心配していたけど、考えてみれば、別に今はまだここで籠城しているわけでもなく、苗が上手くできなければ、購入すればいいわけで。 お金で買える、ってなんて楽ちん!

ここで白昼夢的な暮らしをしていると、現実との繋がりが希薄になってくるようで、こんなふうに変な所で、あ、そやそや、私はまだ現実の世界におるんやった、なんて気づいたりするのです。

CIMG1360
足を踏み入れるのも躊躇されるような場所ですね。

「千里の道も一歩から」・・・この言葉の意味を私ほど身体で理解しているものがいるかしらの?

とにかく一歩踏み出さなくちゃなんにも始まらない。

えっ? 「買わなきゃ絶対当たらない宝くじ」っていうのと似てる、ですって?

いやいや、大分違うでしょ。もうちょっと奥が深い言葉だと思いますが・・・。