ミノリ・アンの様子

いつまでやるのかな?

いつまでやるの?

もちろん、第二波までつないで、ワクチンまででしょ

そして第三波も・・・

だって、ウイズコロナな生活スタイルを定着させなくちゃ

 

倒産に追い込まれ自殺者も増えると言われている一方で、一大産業コロナビジネスも大層な予算もらって動き出し、早速利権に群がるウジ虫よろしく癒着だのなんだのとお忙しいことで・・・

 

もうもう、この世界にはウンザリ!

救世主を待つしかなさそうです

早いとこ軽くなって軽くなって「イーチ・ヌーケタ」して次の世界へ行こう!

 

それにしてもかわいそうなのはこの暑いのにマスクして学校に行ってる子供たち

マスクと除菌と消毒で散々免疫下げたうえにワクチン与えられる

子供は自分で選択できませんからね

 

お母さん、目を覚まして!

子供たちの身体を守れるのはお母さん、あなただけだよ!

まずはテレビを消すところから

そして、頭を白紙にして先入観なしで見て、読んで、考えて!

えっ? 長すぎるって?

大丈夫! おうち時間を有効に使いましょ!

 

マスコミでは絶対、言えない「新型コロナウィルスの真実」迫る 大橋眞(徳島大学名誉教授、京都大学薬学部卒、免疫生物学、医学博士)

からの

アンドリューカウフマン博士(米国医師、精神分析、分子生物学)の考察 エクソソーム、コロナ

からの

 

 

さてさて、まるでもう次の世界にいるかのような厳しくも楽しい肉体労働の日々が続くミチコ・ファームでは

蒸し暑さしのぎの一杯はこちら

「ホーリーバジル」のバジル水

すっきり爽やかぁ~

 

もちろん「スイートバジル」もたくさん定植しました

仲良しのトマトの間に

バジルペーストもたくさん作れそうです

 

 

どこまでやるのかな?

ステイホーム

巣ごもり消費

 

アフターコロナ

ウイズコロナ

 

いいですねぇ♥

やって、やって、どこまでも

いっそ面白くなってきた

 

 

こちらの畝には大豆を蒔いた
大豆はノウサギが大好きなので金網ネットで囲っています

 

今季もやはり小さくて締まって美味しいジャガイモ収穫中
こちらは「ノーザンルビー」という素敵な名前の果肉まで濃いピンク色の品種

 

「ホーリーバジル」
これを乾燥させていただくお茶を「トゥルシー」といいます
初めて育ててみています
生でもなかなか美味しく、スィートバジルとはまた全然違う味と香り

 

しばし、コロナを離れて・・・

今季、エンドウ豆の類は不作
特にグリーンピースが

多分、エンドウ豆を植えている畑の中央にイチヂクが2本あり、随分大きくなってきているので、そのイチヂクにエンドウ豆がせっかく根瘤に蓄えた窒素を奪われたのだと思う
かわいそうに
来年は別の場所に植えよう!

 

その代わり、今季ソラマメは豊作

こちら今季初収穫のソラマメ
一部交雑した黒い子混じってますがそれもご愛敬

 

そして、春の食卓はにぎやか

この日の夕食のオカズ

ミノリ作: テンペと間引き菜とキヌサヤのサラダ

♥レオニーテンペのから揚げ最高♥

 

 

ミチコ作: 筍とソラマメのスープ

私にしてはこれ、とっても良くできた! 自画自賛!

材料・・・筍、ソラマメ、アスパラ、麦三昧粥

 

 

この日畑で自分と向き合い

「66歳、これからをどう生きるか?」について考えた

違うか! 「66歳、これからをどう生きるか?」について妄想した

 

終活に拍車をかけ、その日までここに在り続ける それのみ

 

ああ! この畑に巡り合えて本当に良かった

私はここで45歳にして初めて深く息をすることができ

受け入れてもらえたと感じた

これまで長く悩まされてきた、自分の感覚が他の人とひどく違うことからくる誰にも馴染めない感じ、周囲から浮いてる感じから救われた

 

さーて、これからもここで楽しく遊ぶとしよう!