対馬良いとこ、行かんとわからん、わからん

ブラリ一人旅・・・第二弾

期待以上だった対馬
歴史(これがなかなか深くて濃いのです)と、神話(これがあるとは!)と、豊かな自然と、美味しい郷土料理の数々

初対馬はジェットフォイールと、女性ドライバーさんのガイド付きタクシーを利用
少々お高くつきましたが、また是非行きたい島でした

そんな対馬、まずはいただいたお料理からご紹介。
初日の昼食と夕食はこちらの「千両」さんでいただきました。

千両

お昼にいただいた「ろくべえ」

「せん」というサツマイモから取り出したでんぷんでつくった麺をかけそばのようにしていただくものです。

そもそもこの対馬のサツマイモには聞くも涙語るも涙の歴史(一言では語れないので語りませんが)があり、さらに、そのサツマイモからつくる「せん」も一言では語れないので語りませんが気の遠くなるような手間暇をかけて作られており・・・云々
とにかくこういうものです・・・出汁が命らしいです

ろくべえ

「千両」さんの「ろくべえ」は主に鯛の出汁でした
濃くておいしかった。汁も全部いただきました

夕食はまた後日・・・

 

怖ーいアーチ

畑の入口すぐ手前、根元が腐った大きな樹が倒れかかってアーチをつくってます。

車の屋根すれすれの高さ、車体の横はこすります。
しかも、毎日少しずつ下がってきているよう。
しかもしかも、根本は腐っているので運が悪ければ車の上に落ちてくる。

毎日ヒヤヒヤしながら通過。
この樹のある山の持ち主さんには相談してもどうしようもなく、これはもう自費で業者に頼んで撤去してもらうしかないか、と最低でも数万円はかかるだろう出費を覚悟していたところ・・・

角度を変えてよくよく上を見れば、なーんとなんと、この樹の枝が電線を押し下げているではないですか!!

ラッキー!!!

九電さんに見に来てもらい、撤去してもらえることになりました。ホッ。。。

撤去してもらえるまで、どうか、どうか、車の屋根に落ちてきませんように!!!

140815a