ア・リ

蟻に悩まされる季節です。
今すでにほぼ全身、刺されてないところはない。
刺されてすぐはチカチカしてじっとしていられない感じ。
そして、だいたい刺された翌日から猛烈な痒みがくる。
1週間くらいはお風呂や夜寝たときなんかに特に痒い。
その後痒さの程度は落ち着くけれど、数か月は痒い。
そろそろ蚊も出てくるので、その痒みも加わる。
あぁ、これから11月寒くなるまで、この調子です。
そのうえ、さらに去年のように蜂にまで刺されるかと思うと、まったく、ぞっとします。

どうか神様、マムシにだけは噛まれませんように!!! お守りください。

CIMG1227

不思議に思うことは、蟻は衣服の上から刺しているのか、それとも衣服の中に入って刺しているのか、どっちなんだろう。
写真は手首だからわかるけど・・・。
上半身はもちろん長袖を着ている。下半身はモンペをつい最近までは2枚重ねてはいている(今年は5月半ばまで寒い日があったので)。しかも、作業用のエプロンをしっかり腰に巻いている。
そんな出で立ちだから、服の上から刺しているとも思えないし、服の中に侵入してくるとも考えにくい(特に下半身は)。
もう10年以上もこんなことを考え続けています。ボリボリ体中をかきむしりながら。

第236信 小さい野菜が好きです

畑で小さなタマネギを収穫しながら思いました。

小さいけど、剥くのは大変だけど、でも、安心・安全・美味い!!!

それで十分。これ以上何も要らないな。

肥料を施さない野菜の締まって美味しいこと!
硝酸態窒素ゼロ!
小さくて何が悪い!
みんな大きい野菜を作ろうと一生懸命だけど、大きいってそんなに大事なことかな?
でも、大きくて立派なタマネギとミチコ・ファームの小さなタマネギが並んで売られていたら、みんな間違いなく大きい方を買っていくだろうな?
みんなにもっともっと自然農の野菜の美味しさを知ってもらいたいな。
大きさや形の良さにだまされないようになってもらいたいな。
「肥料を施さない農」の大切さをわかってもらいたいな。

CIMG1214

カメラのレンズを向けられたのを感じてムックリ。

CIMG1215

なんだ写真ですか。オヤツじゃないですか。

と、また昼寝の続き。

暑くなって、サンは日がな一日こんな感じ。

第235信 主役はだーれ?

命の舞台である自然農の畑で、主役は虫や草たち。
野菜は主役ではありません。ちょっとこの場をお借りして主役の虫や草たちと一緒に舞台に立つ脇役です。
もちろん私も主役ではない。野菜が主役たちと一緒に楽しく舞台で演じることができるよう手助けする裏方です。
そんな、虫や草たちと、野菜と、私とで楽しい舞台を作り上げていこうと思います。

そのためにはなにはともあれ「焦りは禁物」、「急いては事をし損じる」・・・を肝に銘じること。

忙しい春、待ったなしの仕事がやまずみでともすればそのことを忘れがちに。あれもしなければ、これもしなければ、とジタバタするとついついやっつけ仕事になり、そんな仕事の結果が良いはずもなく。

命の舞台ではあくまで楽しく、おおらかにありたいと思う日々です。

CIMG1206

ニンジンの畝もこんな感じ。

正しくニンジンが脇役に徹している感じですね。