第247信 畑にお預け

「怒りの気持ちやイライラするときは畑に行かない。畑に失礼だから。」
最近どこかで有機農業者の方のそんな言葉を目にした。

偉いなぁ。それに比べ私は畑に失礼なことばかりしているなぁ。
どんな気分のときでも畑に行く。イライラしているときや怒っているときはなおさら畑に行く。
楽しい気分のときはますます楽しくなって鼻唄混じりで帰り、イライラや怒りはちゃっかり畑にお預けしてくる。

畑はそんな私の我儘を全て受け入れてくれる。
いつもいつも本当に有難う。

IMG_3962

冬日和のサンたん。

ミノリシェフはなら「なまけるなっ!」と叩き起こすところだが、やさしい私はそんなことしない。
そっと寝かせておいてあげるのです。

第246信 代わってあげない

下の写真はこの前の長く居座った台風、27号だったかな?その台風の前と後の「ゆるぎ赤蕪」です。

CIMG1518_1

台風前の晴れた日

 

CIMG1522_1

台風の後、まだ雨と風が残っている日。

 

同じ種類の蕪なのに曇った日の方が赤色が少し鮮やかでしょう。 風雨の中でこれを見たときドキッとして涙が出そうになるほど、綺麗だと思いました。 こんな小さなことに感激できるこの暮らしって本当に有り難い。 何処かの誰かが「10億円あげるから代わって。」と頼んできても、絶対に代わってあげない!

えっ!そんな物好きいない、って?

いや、分かりませんよ。もしも、そういう人が出てきたら、きっぱりお断りして、こう言って諭してあげる。

「本当に大切なものはお金では買えないんだよ。」って。

きゃーっ!かっこいい!

 

・・・なんていうアホな白昼夢を見ながら相変わらず畑籠りの日々。 そろそろ外界が恋しくなってきました。 ToyToyであっちゃんの落語聞きながら地ビール飲みたいなぁ・・・。

第245信 「G」 と 「I」

Gとか I とかって言ってもブラのカップの話ではないですよ。そんなサイズには縁もゆかりもないプロポーションです。
これはね、ビタミンの話なんです。
以前友達から「貴女はビタミン I (愛)で野菜を育てているね」、と言われ、なるほど、野菜を育てるのに農薬も肥料も使わないけど、自然農の畑には愛がいっぱいだな、と思っていたのですが、最近思うんです。 I (愛)だけじゃない! G(慈)もある! って。

I(愛)もいいけど、G(慈)もいいですよね。

「慈」・・・いつくしむこころ。

どちらかと云えばI(愛)よりG(慈)が好き。

キリストの「愛」 ・ 釈迦の「慈」

畑に居ると「愛」より「慈」を感じる。なんといっても「くさかんむり」だし(笑)。
それに「糸」の上半分が二つもある。そこにはなんだか「縁(えにし)」も感じられるではないですか?

「G」と「I」・・・うぅーん、もう少し掘り下げる必要がありそうです。そのうち、また・・・。

 

CIMG1473

「G(慈)」と「I(愛)」=「慈愛」がいっぱいの自然農の畑。