ウリボウ騒動真っ最中!

ここは糸島市との境目の福岡市西区ですが、ここでも巷は
コロナが迫ってきた! 糸島にも感染者が急増中! ついにこの町内にも出た!
と、騒がしいことしきりです

私はといいますとそんな騒動には巻き込まれることなく、
日々「学びラウンジ」で大橋眞先生に学び
揺るぎない「私のコロナ感」をもって落ち着いて過ごしております

 

が、しかーし、畑は日を追うごとにウリボウ被害が拡大!

これはもう新コロ感染拡大どころの騒ぎではありません!

昨日までは畑に入るとそこにいる4、5頭のウリボウたちに
「こらぁ!いつまで遊んどうかっ!」(ウリボウは親イノシシと違い夜行性ではないようで)と
大声で追い散らす余裕がありました

しかし、今朝は・・・

これを見て正直、心が折れかけ、一瞬、一瞬ですが、だれか「イノシシ牧場」でも開いてくれないかな?
なんて思い、イカンイカン!
どこまでも共存の道を探ろう!と思い直した次第です

イノシシが大好きなサツマイモ、里芋も植えているこの畑は
ワイヤーメッシュをネットで囲っているので安心していたのですが、
ウサギにネットを破られた穴がありまして・・・

昨日、サツマイモの三分の一ほどをやられて慌てて植え戻していたのに、
今朝又昨日植え戻した分も再度、遂に全部荒らされ、
午前中に植え戻しの作業が終わらず、午後もこの後続きをやります

いやはや、毎朝毎朝畑に行くたび先手を打たれておりますが、
ここを「私の天国」に戻すまでウリボウとの小競り合いを楽しみます!

そのための第一歩も踏み出しました

こんな風にワイヤーメッシュの下三分の二ぐらいの高さまで針金ネットを貼り付け、
ワイヤーメッシュの目合を小さくしてウリボウが入れないようにする作戦です

 

こんな感じ

この一巻が15メートルで3000円ちょっとします

畑(とりあえず2か所の畑を囲う予定)の周囲はいったい何百メートルあるのか?

ま、当面私の小遣いは全てこの針金ネットに化けそうです(笑・涙)

でもね、こん泣き笑いの暮らしも
新コロと違い、平和でなかなか楽しいものですよ、皆さん

庭では先日27日にミッチーが種を降ろしたブロッコリーやカリフラワーが一昨日くらいから発芽を始めました

どうか、無事に大きく育ってくれますように!

早く、この子たちが安心して大きくなれる畑の場所を作ってあげなくては!

ウリボウから自然農体験者まで畑訪問者増えました

先週、ミノリシェフとひるねこさんでランチ

季節野菜たっぷりのトマトソースのパスタ・・・やめられない、止まらない

 

チョコレートケーキ、イチジクタルト
ハーバルソイラテ、バナナチョコレートシェイク

どれもこれもめちゃくちゃ美味しかった!

ひるねこさん、ごちそうさまでした!

 

 

一昨日から2日連続でファームステイのお客様をお迎え

そして2日とも1日中ほとんど雨
この梅雨ホントに明けるんですかね?

どうやら明日30日、明けるらしいです

 

1日目は毎月いらっしゃるミッチー
午前中は雨を避けてカリフラワーやブロッコリーをポットに種降ろし

 

午後は雨の中に突入

ピーナッツの草刈
毎回いらっしゃる度に雨であまり畑に出られなかったミッチーは雨の中の草刈も楽しそう♥

 

2日目は自然農初体験のお二人、レイちゃんとケイちゃんをお迎えしました

サツマイモと大豆の草刈をしました

草の海、田んぼのようなぬかるんだ畑・・・全てが初体験のお二人でしたが、
その中でも畑に入るなり、ドドドッと逃げ出したウリボウには感激ひとしおだったご様子
こちらも雨の中での畑仕事でしたが、リフレッシュしていただけたご様子に私も満足
またどうぞ遊びにお出かけくださいね
もう少し大きくなったウリボウとお待ちしてまーす!

 

この2日間のお昼ご飯は・・・

ドライカレー、コロッケ、キュウリのスープ

 

1日目、ミッチーと一緒に作った夕食は・・・

キュウリと豆のサラダ、バジルペーストとトマトソースのパスタ、豆腐のニラ醤油かけ

 

自然農の野菜のおいしさも堪能していただけたようで、野菜たちにおほめの言葉もたくさんいただき嬉しい限りです
お土産の野菜たちも美味しくお召し上がりいただいていることと
それぞれの皆さんの食卓に想像を巡らせて楽しんでいます

そして、今朝もウリボウたちは畑の中で私が来た事にも気づかず
夢中でミミズ掘りしてました(笑)

重量感には重量感で・・・

先日来イノシシに農道と畑を荒らされまして・・・

 

畑の中はワイヤーメッシュの目合から侵入したウリボウ
こちらは金網を張り巡らすことで対応する予定
そのあと、冬野菜の植え付け予定の荒らされた畝の立て直しです
8月いっぱい休み無し!

 

ワイヤーメッシュの外は重量感溢れるお母さんイノシシの仕業

で、こちらには重量感で対応しようと・・・

こちらまた重量感溢れるジュン重機を投入!

 

もれなくチビ重機もついてます

 

パパ重機とチビ重機で・・・

 

掘って掘って掘りまくり
やっと車をバックさせられるまでに復旧したのでした

が、しかーし、翌朝行ってみると
またもやお母さんイノシシが掘り返し、元の木阿弥状態に(涙)

やはり、抜本的解決を考えねば

町や市などの援助は期待できそうにないので、個人でプロの業者さんにお願いするしかないかな?