私のコロナ考4・・・ウィルスと戦いますか?

コロナ騒動の中、パニックになりやすい私にしては冷静に落ち着いて自分を見失うことなく過ごせているのは、自然農のお蔭です。

川口由一さんの言われる「この世界に生きとし生けるもの全ては故あっての存在である。そして、あるものをあるがままに受け入れること」という自然農の心を拠り所として暮らしています。

そんな風に暮らしていると「コロナウィルスとの戦いだ!」という国民を団結させるためのスローガンみたいになってる言葉が、戦時中に叫ばれた「一億総火の玉」とか「欲しがりません、勝つまでは」とかいう言葉を思いださせて戦慄を感じます。私戦後生まれで戦争体験はないのですけどね。

そして、みんながコロナ騒動にばかり心を奪われている間にいつの間にやら有り難くないことがひっそりと進行しているのではないか、という危惧も。
いままでも、何かの騒動の陰でいつの間にか、エッ!というような法律が成立してたりしたし。

コロナに罹患するという不安よりもそういった不安や危惧の方が強い。
目くらましに必要以上に不安を煽られているような・・・。

 

でも、不安は不安を呼ぶだけで、免疫も下がる、ということでそんな時こそ畑へ

十数年以上ぶりにリンゴの樹が花盛り
「奇跡の林檎」が実るかな?

 

「山ウド」

「自然から頂戴しろ! 自然は飢えない程度には喰わせてくれる」

・・・ハイ、そうしております

 

若い人が重症化することが増えているというけれど、重症化するにはそれなりの理由があるのでは?
そもそも今の若い人
外で元気に遊ぶこともなく家でゲーム漬け、お菓子やファーストフードで育って、そういう暮らしで大人になった人たちが病気に負けない強い心身を持っていると思えないのだけど。

近視眼的にウイルスと戦うのではなく、暮らしそのものを見直す時ではないのかな?

今みたいにウィルスを敵にして、「やれ、消毒だ!除菌だ!治療薬の開発だ!」と言っていたのでは耐性菌を生むだけで、このコロナ危機を乗り切ってもまた新たなコロナ危機がやってくるだけではないのでしょうか?

この危機は私たちのこれまでの暮らしぶりが招いたものだと思う。
この危機を良い機会ととらえ、薬や医療に頼らず自分の身体は自分で守れる、心身を強くする暮らし方にシフトしていく方法を考えたい。

庭の八重桜が満開
不安や恐れではなく安心の中で見上げたかった

 

なんていって、戦うことの嫌いな私が

案外、ウィルスではなく

ワクチンと戦っていたりして・笑

 

 

私のコロナ考・・・3

「コロナ菌感染」と「コロナワクチン接種」

どちらを選ぶ?

私は迷わず「コロナ菌感染」。
コロナってそんな怖い菌じゃなさそうだし
コロナ菌とならみんながやらなくなったハグしてキスして一緒に寝てもいいけど、コロナワクチンは願い下げ。

40代以降どんな病気も医者にかからず、薬を飲まず、で治してきた。
インフルエンザらしきものにも2度ほど罹ったけれど、40℃近い熱と全身の痛みと咳に喘ぎながら家で寝てたら3日で治った。家族にうつすこともなく。

治ったあとの爽快感!
確かな免疫を獲得し、がん細胞が消えた気がした。
帯状疱疹もアトピー性皮膚炎もそうやって「痛み」と「掻痒」に耐えぬいて治した・・・自慢気!(笑)

かたや「ワクチン」。
なにを今更!そんな怪しげなもの!

野菜はもちろん自然農の安心安全なものを食べ、肉と乳製品と養殖魚(抗生剤などの薬品を使用している)をざけ、衣類は天然素材のものを身に着け、etc.
こうやってできうる限り化学物質を遠ざけて「きれいな」心身を保ってきたのです。
この場合の「きれい」は「除菌」とは別物であることも大事な要素なのですが。

アベさんがコロナ収束は年末ワクチンが完成して接種が始まって以降、と言うのを聞くに及んで、ひょっとして私にワクチン接種を強制するためにコロナ不安を煽り、収束を遅らせていない?実はもう収束してたりして?なんて思った。
自意識過剰!

「緊急事態宣言」中につき強制接種を迫られたらどうする?

「私、終活中なんです。もうじきです。御手を煩わせるまでもありませんから。」

・・・と、丁重にお断りしよう。

 

さてさて、筍シーズン真っ最中!

「壇蜜」じゃない、「蜂蜜」でもない、「三密」ですか!
そんな「三密」でないここで

ヤスヨさんご一家も夢中で掘り掘り

 

姉妹で頑張る!

 

ママと頑張る!

 

一人で頑張る!

 

パパも頑張る!

 

たつしクンも頑張ったよ!

私のコロナ考・・・2

ほんの少し時間軸の違う地球で、この地球と同じようにコロナが世界中を騒がせていました。
その日本でアベさんは「どうもこのままではイカン!マスクを配っている場合じゃなさそうだ。発想の転換が必要だ!」と、国民にこう呼びかけます。
「みなさん、老いも若きも持病のない方はマスクを外して外に出てコロナと仲良くしましょう!積極的に感染しましょう!症状が出たら病院に行かず家で休んでください。」
すると、今まで外出禁止で欝々としていた人たちは猛然と外に出て大いに感染しました。
ですが、8割の人は無症状、2割の人は症状が出てもインフルエンザ程度で家で薬も飲まずゴホゴホ言っているうちに治り、みんな免疫を獲得しました。そしていつの間にかコロナは収束に向かったのです。

そのころ食料を海外に頼っていた日本は海外のコロナ事情で食料が底をつきかけていました。
アベさんは免疫を獲得した人たちを後継者のいない地方の農村や漁村に派遣。
若い人たちはコロナで派遣切りや内定取り消しで職を失っていたので喜んで地方へ。
そして、やってみると農業も漁業もおもしろく、だんだん自分たちでもやってみようという人も増え、やるならコロナと仲良くしたように虫や草と仲良くする農業だ!と、自然農や、薬を使わない魚の養殖なども始め、沢山の元気な野菜や魚が消費者のもとに届くようになりました。
アベさんはさらに若い人たちを職人さんに師事させ昔からの大切な技術を伝えていくことにもなりました。
そうなってくると経済もうまく回りだし、でも物を作りだす喜びはお金を儲けることに勝ると知った人たちが増えたことで、本当にお金の必要な人のところに必要な額のお金が回るようになったのです。

海外でも日本を見習いコロナは収束。トランプさんと習近平さんは握手をかわし、アベさんは世界中の人から称賛を受け「なんだ、みんなと仲良くして敵をつくらなければこんなにいいことがあるのか。これからはお仲間だけを優遇するのは止めよう!」とやっと悟ったのでした。

 

4月3日たつしの2歳の誕生日、春の日の白昼夢でございました。

 

さ、終活!終活!